FC2ブログ

とり万。ブログ

とり万。の店長の日記です。

お父さんに車を買ってあげる優しい先輩のお話

店長です。14日、日米オールスター?野球みたいなの(@何の試合なのか知らんし興味無し)早う終われ。

 ってか、第3四半期(@7〜9月)GDPが 前期比年率 -1,2%になってもうたらしい。

 そりゃ、とり万。も暇やなっとGDPと思いっきり連動してる居酒屋を気取る。

 しっかし、これで消費税上がったら日本経済終了やな。

 安倍総理の英断で消費増税延期やなくて、凍結もしくは減税もしくは、5年間消費税撤廃くらいしてくれんとやばいよやばいよ〜!

 まぁ〜個人事業主は、どんな経済状態だろうが、自力で生き抜かないと、国が助けてくれる訳でも無いから、ゴキブリ並の生命力でサバイブするしか無い(@弱ってからがしぶとい)

 そんなこんなで開店!
 
 今日も野球やってるし、急に冷え込んで来やがるし、暇やし、たまらんの〜♡

 そんな中、某豊浦の先輩がご来店下さり、とっても良いお話を聞かせて下さりほっこりした。

 親子三代でご商売されてたお家で、先輩がいま社長さんで、お父さんが会長さんらしい。

 お父さんは、今まで、新車に乗った事がない(@買えないではなく買わない経営者の鏡)そうで、高齢やし、最後にお父さんに新車を買ってあげるっていうお話。

 一族のお話もお聞かせ頂いてんけど、やっぱ家族で商売やるって強いな〜っとしみじみ思う。

 個で勝負しても高々しれてる。

 いつの時代も生き残るのは、子沢山の一族経営。

 豊臣秀吉(@ベンチャー企業)徳川家康(@老舗企業)

 を比べても、家臣団のロイヤリティー(@忠誠心)が違うから勝負にならん。

 所詮、秀吉について来てたのは、恩賞がもらえるから。
 
 徳川は、お家のためっていう家臣ばかりやし(@バブル前後の日本企業もこんな感じが多かったんやろう)
 
 一代で成り上がって、その後もその企業が永続するためには、子供作りまくらなあかんってえらい人が言ってたな。

 さらに、発展させるには、男系やなくて、女系に継がせて、番頭さんを娘と結婚させるのが1番やとえらい人が言ってた。

 息子は選べないけど、娘婿は選べるって話らしい。

 息子がボンクラだと会社潰すから、金だけやって経営にはタッチさせないのが良いそうな。

 昔の番頭制度って結構理にかなった制度やったんやな〜っとしみじみ思う。

 話は、それたけど、お父さんに新車買ってあげたら泣いて喜ぶんやろうな〜っと店長のとこは、18歳の時にお隠れになったんで、一緒に酒も飲めなかったし、ちゃんとした話もしてないし、そもそも、政治家がボンクラやなくて、バブル崩壊後の建築不況がなかったら、店長も爺ちゃん、父さんと同じ道に進んでたかもしらん。

 そんな未来もあったんかな?っと先輩の話をお聞きしながら、妄想してみたりした。

 人生に「もし」はない「今」を生きるのみ!「今」というリアルしか存在しない(@ここで戦うしかない)

 珍しく、祖父や父の顔が浮かんで来たのは、墓参り行って来たからかな?

 先祖代々続く会社もない、歴代の家臣団もいないけど、豊臣秀吉になるしかない(@成り上がり)

 初代には初代の生き方、生き抜き方がある。
 
 羨ましがっても始まらない。

 ってわーわー言うとりますが、今日も爆死!

 支払い日前の爆死は痛い(@お金足りるかな?)

 

 

 

 


 
 2018年度のアルバイトの採用活動を終えれたので、来年を見据え先行予約の受付開始します!

 最速先行予約応募頂き、1枠決まったので(@内定)残り1枠です。

 2019年2月以降から働ける方(@春から大学生、専門学校生大歓迎!)の先行予約(@1名)募集致します!

 ご応募お待ちしております!

 30711924_1669451649802860_6590940405942976512_n.jpg


 
 


29792232_1652295511518474_814392245035408360_n_convert_20180401234042.jpg


 「おもしろき 事も無き世を おもしろく」

  億り人に俺はなる!
 
  やってやるって!!

 
  唐戸とり万。ご予約のお問い合わせは 083ー232ー1619 まで宜しくお願い致します。


 
 ←応援のクリックお願いします

人気ブログランキングへ


  



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 下関情報へ
にほんブログ村 
 
  
スポンサーサイト




未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<支払いの旅路 | HOME | 地元某大手金融機関様にただただ感謝です>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |